悩みの種を打破|ニキビに効く化粧水が誕生

  1. ホーム
  2. 乾燥対策が要になることも

乾燥対策が要になることも

化粧水を持つ人

アクネ菌を招く成分がある

ニキビの発生要因は皮脂の分泌が盛んなことやターンオーバーの乱れによることが主に挙げられています。ニキビ跡にはニキビによるお肌のダメージと再生のアンバランスから生じるクレーターや、刺激によるメラニンの増殖で生じる色素沈着などが代表的です。何れもお肌へのダメージが共通していて、その程度をいかに抑えるかが悪化を防ぐ鍵となります。その為にはニキビ肌専用の化粧水が馴染みが良く効果的です。皮脂の分泌が盛んなお肌は乾燥が原因のこともあり、防御機能によって皮脂を多く分泌してニキビの発生要因となっていることがあります。その改善には適度な保湿が効果的で、ニキビ肌相応の保湿が出来る化粧水が理想です。また、ニキビの発生要因となっているアクネ菌の増殖を招くグリセリンなどの成分が入っていない化粧水を選ぶこともポイントです。その類はノンコメドジェニックとも呼ばれ、毛穴を塞ぎにくいとして試験評価済みです。また、ビタミンC誘導体の成分はお肌のキメを整えるとして効果的です。キメの乱れが正常なターンオーバーを阻害するので、その成分もニキビ肌に相応しいと言えます。化粧水の付け方は洗顔後にすぐに付けるようにし、両手で優しく覆うように押さえます。肌の温度に近付けるように馴染ませ、目の周りや小鼻の横など細かい部分もしっかり馴染ませます。この際に清潔な手で行うことが不可欠で、化粧水を付ける直前に綺麗に洗い流すようにします。手を拭くタオルにも注意して、清潔なタオルで拭くようにしておきます。